FC2ブログ

うつ病を言葉で治す方法

うつ病にかかっている間は、なにが起こっても、マイナスに受け止めるので、被害妄想で苦しむ

妄想がさらにマイナスな妄想を産んで本当に現実に起こったように体も反応して、心の病気が体の病気にまでなってしまう

妄想には自分の体を作り変えるちからがある

プラス思考の人は、どんなことが起こっても都合の良いように解釈してしまう

被害妄想ではなく、利益妄想か、そうしているから、若々しくて、病気にもかかりにくい


苦しい状態からの解放へのアドバイス


小林正観さんは「ありがとう」を年齢X 1万回言うと思考回路が変わってしまって、「ありがとう」といえる現象がたくさん舞い込んでくるといいます

日本で納税者番付があったころ、ずっと1番をとっていた斎藤一人さんは、「ついてる、ついてる」を言いまくることを推奨しています

わたしもうどん屋をやっていた時に一人さんの別の言葉で「困ったことは起こらない」という言葉をどんどんお風呂などでつぶやいていたら、どんどん心が明るくなって、現象をポジティブに受け止められるようになりました

被害妄想を利益妄想にする一番効果的な言葉は、それらなんですよね

運がわるくなっているなと感じた時、「ついてる」と「ありがとう」の繰り返し、超おすすめします
 
 

この話を聞いて、すぐに始められる人は、症状が軽い人です

もっと重い人は「ありがとう」なんて絶対言えない!

と、文句ぶーぶー言ってきます

それは、霊かなにかが憑いててて、

憑いてる霊が言わないように、そうさせているのです

 
その霊は
「疲れた〜(憑かれた)」
と言われると喜びます
 
そうはさせてはなりません!

それは「憑いてるんです」から

ああ、たくさん、ついてるんだ

俺は憑かれまくっているんだ!

さあ!大声で

ついてる!ついてる!ついてる!


※Facebookに書いたので反響が大きかったので、ブログにも転載しました





◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました