FC2ブログ

木枕に座って瞑想をしたら128Hzの音が聞こえてきた

木枕は坐蒲よりいい


木枕IMG_9953_781x800
これがわたしが使っている桐の木枕です

寝るときは、ここに敷いている桐の寝台で寝ています

西式甲田療法のやり方なのです

詳しくは西式甲田療法で検索してみてくださいね

普段パラマハンサ・ヨガナンダのSRFの瞑想法をしているのですが、

座禅座布団(坐蒲)IMG_9954_800x669
前はこの座禅座布団(坐蒲)を使っていたのですが、木枕をお尻に敷くほうがよくなりました

と、いうのも木枕に変えてからこの音がよく聞こえるようになったのです


この音です

128Hzの音です

この音はパラマハンサ・ヨガナンダの瞑想テキストに書いてあるオーム音のことだと思っています

オーム音とは
 ヨガの聖哲パタンジャリは「クリヤ・ヨガは、肉体の訓練と、精神の統御と、 オームに対する瞑想より成る」と言っている。 
 オームとは瞑想中実際に聞こえてくる聖なる音であるが、 パタンジャリは、神をオームと呼んでいる。オームは、神の創造の“コトバ”であり、宇宙原動機の振動音であり、また、神の存在を証明する“証人”である。
 ヨガの初心者でも、しばらく練習を積めば聞くことができるようになる。この至福に満ちた霊的鼓舞を受けるとき、修行者は、実際に聖なるものとの触れ合いが出来たことを確認するのである。
(あるヨギの自叙伝244Pより)
かつて地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教はこの『オーム音』から名前をとったのでしょう


この音ですが、非常にリラックスできる音で、この音に意識を集中していると瞑想が深くなる実感がとても大きいです

このところこの音の耳鳴りがしなくなっていたのは、座り方が悪かったのもあったのかもしれません

はじめてこの音を意識し始めてからのときのブログがこちらです

このブーンという音は何ヘルツなんだろうというところから始まって、128Hz、432Hz、チャクラ、音楽療法、一酸化窒素、アロマの周波数などに結びついてゆきました

とても大切にしたい音です


どうして木枕だと聞こえてきたのか?


木枕だと、毎回のようにこの音が聞こえてきます

どうしてなのでしょうか?

128Hzの音はグラウンディングの音として有名です

チャクラでは第一チャクラです

グラウンディングは大地

地球の周波数と128Hzは関係があるようです

座蒲のような柔らかいものでは地球の周波数が途切れてしまうのかな・・・

座蒲は禅ではよく使われているのでいいはずなのだけど

座禅と瞑想は目的や体感が異なるからなのかもしれません

瞑想は意識が飛んでしまう、この音に溶け込んでしまう感じなのですが、座禅は意識を保ったまま座っている感覚です

木枕ですと、座蒲より硬いのでお尻が痛くなってきやすいのですが、
慣れればこっちのほうが座り心地がよくなってしまいました

どうしても眠くても寝る前にやるほうがいい


最近までは眠いことを理由に瞑想をサボっていました

ところが全然サボらなくなりました

と、いうのもこっちのほうが得だからです

瞑想した時間も寝る時間にカウントできる上に、よい眠りが得られるからです

これは木枕のおかげなのもあるのですが、これに座るとどんなに眠くても、瞑想ができてしまって、128Hzの音まで聞こえて、気持ちいい眠りが得られるようになりました

よく眠るための準備運動になってしまいました

この瞑想に興味のある方はまずこの本
あるヨギの自叙伝を読んでみて、
気に入ったら申し込んでみたらいいですよ

15ドルくらいで、テキストを送ってくれるようです

この本はスティーブ・ジョブズが座右の書としていたことでも有名です

現在、ビジネスマンを中心にマインドフルネスが流行っておりますが、そのきっかけになったのは、スティーブ・ジョブズがこの本を自分の葬式で800人くらいに配ったからとも言われております

わたしの身近には、この瞑想法をしている人がほとんど居ないので寂しいです

仲間になってください



◆ イベント開催 ◆


聖なる音の話と、抱っこスピーカーの製作教室が開催されます

4月26日東京杉並区
0426Dacco.png



◆◆ イベント予定 ◆◆

2020/4/26【東京杉並区】抱っこスピーカーづくりと聖なる音 の話

https://www.facebook.com/events/715834678954062/




◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。
9つのチャクラの周波数



ピタゴラスが使っていたドの音は128Hz?


Kapitolinischer_Pythagoras_adjusted.jpg

ピタゴラス Pythagoras、紀元前582年 - 紀元前496年


聖なる音の話で著作活動をしています

9つのチャクラの周波数アプリではピタゴラス音律を利用しています



このピタゴラス音律がとても重要で、それ以外の純正律や平均律を使うと、ピタッとチャクラの位置に意識を合わせられなくなるのです


音律と共に大事なのが基準音です


アプリでは始めに耳鳴りで聞こえてきた128Hzの音をド(C)にしております


それが第一チャクラの音で、ベースチャクラ、心が最も瞑想的になれる音、フランキンセンスのアロマや人参、ごぼう、水晶などとも相性がバッチリな音です


実際にそれは聖なる音の話のセミナーで体感できます


ピタゴラス音律の情報を探していたら、大変素晴らしいものを見つけました





この中で、


ピタゴラスは次のように述べたという。
「天空の宇宙には妙なる音楽が流れているが、通常の人には聞こえない。しかし、心が浄化されていれば聞こえる」そして自身が人の心身を調和させる音楽を作曲して弟子に聴かせ、心を清める生活を指導したとされる。


と、述べられています



この天空の宇宙にある妙なる音楽というのは、ヨガの聖哲パタンジャリやパラマハンサ・ヨガナンダが述べているオーム音のことなのでしょう



パラマハンサ・ヨガナンダが述べていた内容とそっくりなのです


ヨガの最初の解説者である古代の聖哲パタンジャリは、クリヤ・ヨガについて次のように言っている「クリヤ・ヨガは、肉体の訓練と、精神の統御と、 オームに対する瞑想より成る」と。 オームとは瞑想中実際に聞こえてくる聖なる音であるが、 パタンジャリは、神をオームと呼んでいる。 オームは、神の創造の“コトバ”であり、宇宙原動機の振動音であり、 また、神の存在を証明する“証人”である。この神秘的なオームの音は、ヨガの初心者でも、しばらく練習を積めば聞くことができるようになる。この至福に満ちた霊的鼓舞を受けるとき、修行者は、実際に聖なるものとの触れ合いが出来たことを確認するのである。
森北出版・あるヨギの自叙伝 244pより



もしかすると、ピタゴラスは同じ音を聞いていたのかもしれません


さらにもしかすると、ピタゴラスとわたしは同じ経緯で音楽療法の世界、音の科学に踏み込んだのかもしれないのです・・・・

この瞑想法は
こちらのSRFのホームページより申し込みできます



◆◆ イベント予定 ◆◆

2020/4/26【東京杉並区】抱っこスピーカーづくりと聖なる音 の話

https://www.facebook.com/events/715834678954062/




◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。
9つのチャクラの周波数



裸足で歩くとグランディングするのはなぜ?

241e2a1ae00a8bf0a23d881ef353aa36_s.jpg

雪駄を履いて朝歩きしてたら

急に裸足で歩きたくなった

ひんやりしたコンクリの上をあるくのは気持ちよかった

かかとから脳天まで響きが伝わる

そういえば、骨は128Hzの音叉で共振するのだった

骨を叩くと骨の共振周波数が出る

それが128Hzの音叉と同じようなら

裸足で歩くことは、常に128Hzの音叉ヒーリングを受けていることと同じになる

その音叉はグランディング用として、大地とつながる感覚、心を鎮める効果がとても高い

この周波数の探求が始まったときに聞こえてきた耳鳴りの周波数(オーム音だと思われる)も128Hz

明日からも裸足で歩こう

特に効果的なのは、朝の屋外で、緑のあるところ、そしてナンバ歩き

写真は写真ACより


◆◆ イベント予定 ◆◆

2020/4/26【東京杉並区】抱っこスピーカーづくりと聖なる音 の話

https://www.facebook.com/events/715834678954062/




◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。
9つのチャクラの周波数



瞑想中の音その6:ガンマ波、64Hzの音だと振動が脊椎を抜けてゆきます

128Hzのことを調べていたら、マントラの周波数は128Hzと64Hzということがわかりました


Hugme_atama.jpg

ためしにと、抱っこスピーカーを頭にのせて64Hzで聞いてみます

とてもいい気持ち・・・・・

周波数を前後に変えてみた時に、気がついたのですが、、、、



64Hzだと、背筋を通して振動が下の方まで伝わります

それ以外の周波数だと、振動が通るのが首よりも下にきません




しばらく聞くのをやめて10分位すると、あることに気が付きました





いつもと感覚が違う





心が落ち着いて、グランディングした感じがする





これはまた新しい音楽療法を手に入れたのかも、




12342309_1191695707524564_8331121247273588466_n.jpg


調子に乗って、娘ほなみちゃんからのリクエストで作ったステレオ枕スピーカー

(以前作った抱きまくら型スピーカーを小さくしてスピーカー2個つけたものです)

に足を乗っけてやると、さらに効果的!!

(実際に乗せるときはバスタオルを巻きましたので、ご安心を)



その状態で64Hzや128Hzを鳴らしながら、マントラのような声を出してみると、ハーモニーして気持ちがいい・・・・・


マントラの声をだすトレーニングになりそうです




そして64Hzをさらに調べてみるとそれは脳波のガンマ波の周波数だとわかりました
(参照:脳波のお話 https://www.qle.co.jp/brawav.htm より)

ガンマ波 γ波
γ ガンマ波は、β ベータ波の中に組み入れられていましたが、近年ガンマ波を分離する研究者が出てきています。

ガンマ波は、一般的に約40ヘルツの周波数領域のもので、約26~70ヘルツの範囲のものです。

ガンマ波は、脳の認知機能に最適な周波数であると考えられています。

ガンマ波は、天然の抗うつ剤のように働き、エネルギーと集中力を増加させます。

ゴルフ、野球、テニス、卓球、バスケなどの心身の状態に最適です。


とっさの判断が要求される株のトレーダーなどの業務にも役立つでしょう。

ガンマ波は、ADDとADHDにも非常に有益でしょう。





64Hzが体の中から出ているかどうかは、よく確認できませんでしたが、

その倍音の128Hzが聞こえてくるということは、たぶん脳波が64Hzになっているのではないかと思います。




これも瞑想の成果なのだと思いました


瞑想が深くなると、宇宙モーター音が聞こえてくるというパラマハンサ・ヨガナンダの話は本当だとおもいます



12360176_1191695734191228_5669223210116827642_n.jpg

おっちょこちょいの奏生にも64Hzを聞かせていたら、怪我が少なくなるかなぁ

眠っている時の隣に抱っこスピーカーを置いて64Hzを鳴らしてたらいいのかも
(64Hzはほとんど振動ですのでうるさくありません)


<ガンマ波について>
スザンヌ・リー  ガンマ波の研究
http://goo.gl/sn4Vhj



ハッピー☆マトリックス − 悟りと瞑想とガンマ波
http://sissy711.blog65.fc2.com/blog-entry-345.html
ガンマ波(40ヘルツ)・・・
瞑想中に生じる、非常に鋭敏で悟りに近い状態のときだけに見られる脳波。
脳の意識状態が最大限に高まり、それに応じて心身の機能も高まる。
この脳波が出ている時は代謝率がきわめて低く、眠る以上に効率的に神経系統や筋肉、内臓などに溜まったストレス(カルマ)を取り除くことができるため、全身が若返り、心身の不調が劇的に改善する。

○ガンマ波が出ている意識状態を「瞑想状態」、現代の科学では「第四の意識状態」と呼ぶ。

○ブッダはこのガンマ波が出ている意識状態のことを「サマ・サーディ(真の瞑想)」と呼んでいた。

○ヨガや禅、瞑想の正しい方法を学べば、誰でもこの「第四の意識状態」に入ることができる。

○本物の瞑想を行っているときに現れる「第四の意識状態」は、その他の三つの意識状態(深い睡眠状態、レム睡眠、覚醒状態(起きている時)すべてに影響を与え、それらを改善する。

○瞑想により、4つのすべての意識状態が一日中高められる結果、肉体や精神のあらゆるシステムの機能が向上する。

 
●デルタ波が出る睡眠状態では、新陳代謝に深い休息を与え、身体機能をより強くする。
 

●シータ波が出るレム睡眠状態は、ただ眠って夢を見るだけで大量のカルマ、あるいはストレスを取り除けるようになる。
 

●アルファ波状態では、創造性や脳の問題解決能力が高まり、より効率的な活動ができる。
 

●ベータ波の意識状態は心と体の繋がりを深め、高度な運動機能を開発することに役立つ。
 

ベータ波の覚醒状態をよりよく発達させると、ミスが減り、ストレスを感じにくくなる。




◆◆ イベント予定 ◆◆

2020/4/26【東京杉並区】抱っこスピーカーづくりと聖なる音 の話

https://www.facebook.com/events/715834678954062/




◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。
9つのチャクラの周波数



瞑想中の音その5:聞こえていた音は128Hzだった。それにも意味がありました。

240px-Steiner_Berlin_1900_big.jpg
ルドルフ・シュタイナー


瞑想中の音はいったい何ヘルツなのか・・・・

そう思って実験してみました

【実験方法】
絨毯スピーカーのまんなかに座ります

(変わった形をしていますが、この巻きじゅうたんのてっぺんにスピーカーユニットが乗っています
真ん中に座ると音色で音楽を聞いた時に、ものすごく包まれてるって実感する聞き方です)

IMG_3884.jpg


それから、iPhoneのトーンジェネレーターのアプリを利用します

IMG_0446.jpg
Tone Gen Proという信号発生器です


周波数を1ヘルツ単位で変えてゆき、自分の中で聞こえる音と同調する周波数がないか探ります


はじめ、オーム音は136.10 hz だそうですので、聞いてみたら、ちょっと高い気がする

少しづつ下げてゆき、

なんだかこの辺りだなってところが、128ヘルツだったのです


【128ヘルツは何なのか?】

すると見つかったのが、

「C(ド)=128hz (基準周波数A(ラ)=432hz でのC)に基づいた音楽は、人々を霊的自由へと解放する支援となるでしょう。人間の内耳は C=128hz に基づき構築されているのです --- ルドルフ・シュタイナー」

という言葉だったのです


128Hzの音叉も売られていていました
リンク先より
オットーチューナーの振動は骨に響き、神経を刺激し、
体の緊張を解きほぐすと言われ、128Hzは音を聴いたり、
柄を通して振動を体に伝えたり、割と万能なヒーリング音叉なので、
マスターフォークとも呼ばれています。

骨に振動を伝えることで、深いリラクゼーションと、
心安らぐ平和を感じることができるでしょう。

筋肉をリラックスさせ、血行が良くなることで、
筋肉の緊張や痛みを改善するそうです。

・深いリラクゼーションと心の安らぎ
・身体のリラックス
・筋肉の緊張や痛みをほぐす
・血行の改善

オットーチューナーはリラクゼーションに使われ、
その音の振動が骨に伝わることで、リラックスすることができます。



おおっ
これはこれですごい・・・・・

どうやら耳の音を感知するセンサーが128Hzで共振を起こすらしいということがわかってきました

ときどき、440Hzは体によくなく、432Hzが体にいいという話を目にします

128Hzは432Hzをラ(A)にしたときのド(C)なのだそうです

128Hzを聞いているとグランディングするといいます


・周波数:音楽ピッチ A=432Hzは数学的に宇宙のパターンと一致している

・【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!

参考のリンクです




なぜ、昔は基音が432Hzが使われていたのかというのが、自分の体験を通してわかりました

440Hzが普及した理由は、ズバリそのほうがモノが売れるからだと思います

イライラして不足不平を感じるようになるんだと思います。

不足の気持ちだからものが売れるし、本質的に大事なものを見えなくすることができるし、戦争も起こりやすくなる。

純正律とも言われてる432Hzを聞くと、満足してしまい、欲しいと思わなくなるんですよ



聞こえてきた音がオームの周波数136.10Hzでは無かったけど

聖なる音だということがわかりました





特異体質?



でもこれもオーム音というものなのかもしれませんので、詳しい人探したいです



だれかご存知? 




【 追記 】
 432Hzを基音(A)にしたときの平均律でのC#がオーム音136.10Hzになりました  

そのへんから、136.1Hzという話が出てきたのだろうと思います

平均律は近代的な調律で、音楽療法には向いていない不自然な調律です

古代から最も長く使われてきたピタゴラス音律のC#は136.7Hzです

432Hzピタゴラス音律のC=128HzとC#=136.7Hzを聴き比べてみました

マントラに向いているのは128Hzのほうだと分かるとおもいます



◆◆ イベント予定 ◆◆

2020/4/26【東京杉並区】抱っこスピーカーづくりと聖なる音 の話

https://www.facebook.com/events/715834678954062/




◆◆ チャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。
9つのチャクラの周波数