fc2ブログ

長く響く声で怒ることはできない

hanauta_man.jpg

加山雄三さんの君といつまでもを聞きながら鼻歌してみました

「しあわせ~が、来るだろう~♪」

という響きをながーく伸ばすところ、この響きを伸ばすのが幸せの波動なんですよね

ためしに、言葉を変えてみて

「ふこうが~来るだろう~♪」ってやっても、不幸が来そうにない

「いかりに~も~える、だろう~♪」とやっても、ちっとも怒れない

こういう伸びやかに伸びる声の響きの歌が鼻歌しやすい

だから、鼻歌は幸せ波動が詰まっている!

作曲するときに、長く響くことを優先して曲を作ると幸せな曲しか作れなくなるんじゃないかな?

自分の機嫌がよくないなと思ったら、他人に機嫌をとってもらうよりも、

自分自身の声を響かせよぅ~♫








◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


1960~70年代の歌謡曲は鼻歌しやすい432Hzの声が多い

毎日お昼に【鼻ヨガ】という鼻歌を歌う会をやっているので、鼻歌に合いやすい曲が氣になります。

そんな中、見つけたのがこの曲


平尾昌章 ミヨチャン(1960年)

実際には鼻歌会では使用しませんが、ものすごくハミングしやすい

そこでピッチをアプリ(参照)で調べてみるとギターのチューニングはA=435Hzで歌っている声はA=432Hzくらいでした

ラの音を435Hzに合わせることは、この時期にはよくあったようです。今ならこういった歌謡曲は440Hzになっていますが、440Hzだと呼吸は浅くなり、思考も頭中心になり、軽薄になります、ただロックにはいいです

昔の曲は響きを楽しむ曲が豊富でした(もちろん全部ではありません)


安西マリアさんの『涙の太陽』1973

こちらも明らかに現代よりも低いピッチだとわかります

めちゃめちゃ鼻歌楽しい。響く響く。


夜明けのスキャット 由紀さおり(1969)

これもモロに響きを楽しむ曲です

ギターのチューニングは425Hzでした。
または半音上げて448Hzですけれど、そこまで弦を引っ張ったら切れますから、425Hzなのでしょう。

こういう曲って今どきなかなか見当たらないんです

440Hzで育っていると響きを楽しむ音楽がつくれなくなるのでしょうか?


こちらは初代ゴジラ1954の音楽

ピッチを計測すると425Hz

昔はいろいろなピッチが活用されていたんですね

いろいろなピッチがあることによって、いろいろな感情を直覚的に感じることができます

なんで440Hzに統一しようなんて馬鹿なことをしたんでしょう

イライラそわそわする曲しか生まれないじゃないか!

どんな曲を聞いてもピッチが同じなら同じようにしか感じないじゃないか!

音楽がデジタル化するようになる1980年ころから音楽の進歩が止まってしまったという話題も時々見かけます



音楽のピッチは感情に直接影響を与えます

ゴジラや夜明けのスキャットで使われた425Hzは重厚さや独特の暗さ怖さを感じています


いろんなピッチのなかで一番推奨しているのが、432Hzです

これは最も心が安定して落ち着くものです

表情も豊かになりますし、声も出しやすい

ピッチの変化で感情を伝えるというのが出来ていたから、歌詞はわりとどうでもよかったようにも思えます

例えばエルビス・プレスリーの声の響きも素晴らしい!

Elvis Presley Love Me Tender (1956) (Official Video)

声のピッチを測ったら、432Hz付近でしたよ


石原裕次郎さんの知床旅情
こちらも声が432Hzあたり、やはりお二人の声から受ける感じが似ている

だから心に染み込むような声

432Hzピッチがひろまりますように!


──追記


もう一つ見つけた由紀さおりさんの夜明けのスキャット
こっちは440Hzの声です
どういうわけでこの動画があるのか分かりませんが、声の響きはやはりこっちの440のほうが弱いですし、違う人なのかな・・・


それに、AppleMusicある方の夜明けのスキャットですが、こちらは、ギターが435Hzで声が432Hzでした。

昔はレコードの回転数をコントロールでき、好きなピッチで鳴らすこともできたから、こうやって同じ曲でもいろいろあるのかな・・・

どっちみち、体に響いて声に出しやすいのは432Hzには違いありませんから構いません





◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


鼻歌倶楽部のYouTubeチャンネル作りました

鼻歌倶楽部のYouTubeチャンネル


ISHIWARI_SAKURA IMG_20210415
2021年4月15日盛岡市石割桜

鼻歌用の伴奏を作っています

著作権が消失した童謡や唱歌のMIDIをダウンロードして、
鼻歌に合わせた伴奏を作っているのです

どのようにしているかというと、
ラを432Hzのピタゴラス音律(チャクラに合った周波数)にしています。
歌うよりもオクターブが低いほうがいいので、1オクターブ元よりも下げております。

こうすると、伴奏に合わせるだけで気持ちよくハミングできます。
同じ曲を他の一般の音源と比べてみるとよくわかりますよ。

人間の体は響かせると、幸せホルモンや、血管を若返らせる一酸化窒素(NO)が
でるようになっているので、鼻歌・ハミングってとっても効果的!

今日はクラブハウスで【あめふり】を歌いました

使った曲をみんなでも使えるように、鼻歌倶楽部というYouTubeを作って、
そこにアップしております

サウンドクラウドにもアップロードしていたのですが、
YouTubeのほうが利用者が多いので、こっちにしました。

徐々に増やしてゆきますので、チャンネル登録よろしくお願いいたします!





◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


鼻歌を歌う会はじめました

クラブハウスをはじめました


2月ころからフェイスブックで急に流行り始めた音声のみのSNS
クラブハウス(Clubhouse)

これにハマってしまい、、、、

主催もするようになりました

【鼻ヨガ】(鼻歌の会)をスタート

hanayoga.jpeg

はじめはみんなで鼻歌をするので、【みん鼻】という名前にしていたのですが、
鼻でフーンと響かせるのが、ヨガの手法でもあったので、【鼻ヨガ】という名前にしました

お昼の12時45分から15分間、童謡や唱歌を、チャクラの周波数、A=432Hzピタゴラス音律の伴奏で鼻歌をやっております

ネットなので、音が遅れてタイミングがずれたりするのですが、鼻歌だとほとんどそのずれが気になりませんし、音痴とか関係なく楽しめます

鼻歌倶楽部というクラブをつくりましたので、ぜひ一緒にお楽しみください
↑リンク

チャクラの周波数に合わせたクリスタルボウル

カラーのクリスタルボウル_500x345
ここでは、みんなで歌う鼻歌の他に、周波数の情報や、
このクリスタルボウルを使って、
その音に合わせてハミング(鼻歌)しております

このクリスタルボウルはラの音(A)を432Hzにした
ピタゴラス音律の音が鳴るように
しております

その音は、例えば、
赤いボウルだと、256Hzのドの音で第1チャクラ・会陰です
オレンジのボウルは、288Hzのレの音で第2チャクラ・性器の音です

体調によって、その音が出しにくかったり、聞こえ方がちがったりしますよ

ぜひお越しください。日曜祝日以外開催しております。




◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play