fc2ブログ

1960~70年代の歌謡曲は鼻歌しやすい432Hzの声が多い

毎日お昼に【鼻ヨガ】という鼻歌を歌う会をやっているので、鼻歌に合いやすい曲が氣になります。

そんな中、見つけたのがこの曲


平尾昌章 ミヨチャン(1960年)

実際には鼻歌会では使用しませんが、ものすごくハミングしやすい

そこでピッチをアプリ(参照)で調べてみるとギターのチューニングはA=435Hzで歌っている声はA=432Hzくらいでした

ラの音を435Hzに合わせることは、この時期にはよくあったようです。今ならこういった歌謡曲は440Hzになっていますが、440Hzだと呼吸は浅くなり、思考も頭中心になり、軽薄になります、ただロックにはいいです

昔の曲は響きを楽しむ曲が豊富でした(もちろん全部ではありません)


安西マリアさんの『涙の太陽』1973

こちらも明らかに現代よりも低いピッチだとわかります

めちゃめちゃ鼻歌楽しい。響く響く。


夜明けのスキャット 由紀さおり(1969)

これもモロに響きを楽しむ曲です

ギターのチューニングは425Hzでした。
または半音上げて448Hzですけれど、そこまで弦を引っ張ったら切れますから、425Hzなのでしょう。

こういう曲って今どきなかなか見当たらないんです

440Hzで育っていると響きを楽しむ音楽がつくれなくなるのでしょうか?


こちらは初代ゴジラ1954の音楽

ピッチを計測すると425Hz

昔はいろいろなピッチが活用されていたんですね

いろいろなピッチがあることによって、いろいろな感情を直覚的に感じることができます

なんで440Hzに統一しようなんて馬鹿なことをしたんでしょう

イライラそわそわする曲しか生まれないじゃないか!

どんな曲を聞いてもピッチが同じなら同じようにしか感じないじゃないか!

音楽がデジタル化するようになる1980年ころから音楽の進歩が止まってしまったという話題も時々見かけます



音楽のピッチは感情に直接影響を与えます

ゴジラや夜明けのスキャットで使われた425Hzは重厚さや独特の暗さ怖さを感じています


いろんなピッチのなかで一番推奨しているのが、432Hzです

これは最も心が安定して落ち着くものです

表情も豊かになりますし、声も出しやすい

ピッチの変化で感情を伝えるというのが出来ていたから、歌詞はわりとどうでもよかったようにも思えます

例えばエルビス・プレスリーの声の響きも素晴らしい!

Elvis Presley Love Me Tender (1956) (Official Video)

声のピッチを測ったら、432Hz付近でしたよ


石原裕次郎さんの知床旅情
こちらも声が432Hzあたり、やはりお二人の声から受ける感じが似ている

だから心に染み込むような声

432Hzピッチがひろまりますように!


──追記


もう一つ見つけた由紀さおりさんの夜明けのスキャット
こっちは440Hzの声です
どういうわけでこの動画があるのか分かりませんが、声の響きはやはりこっちの440のほうが弱いですし、違う人なのかな・・・


それに、AppleMusicある方の夜明けのスキャットですが、こちらは、ギターが435Hzで声が432Hzでした。

昔はレコードの回転数をコントロールでき、好きなピッチで鳴らすこともできたから、こうやって同じ曲でもいろいろあるのかな・・・

どっちみち、体に響いて声に出しやすいのは432Hzには違いありませんから構いません





◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


倍賞千恵子さんの歌声は432Hz的だったのでハミングしやすいのです

8月31日に8月のおわりということで、クラブハウスで開催している鼻歌会はこの曲を使いました


倍賞千恵子さんが歌う 「夏の思い出」

とっても鼻歌しやすかったんです

鼻歌がしやすいということは、声が432Hz基準に近いということです

いろんな歌手の夏の思い出を聞いてみたのですが、倍賞千恵子さんの声が一番でした

そしてチューナーで調べてみると倍賞千恵子さんの歌声は432Hzでした

だからとっても鼻歌しやすいのに納得です

IMG_20210904_100739_20210904105357819.jpg
TEチューナーというアプリをA=432Hz設定にして分析してみたら、よくこんなような感じになります。(真ん中に線がくると432Hz基準になります)

442Hzの伴奏と同時に歌っているので、伴奏の高い音の方に反応しがちですが、気持ち良い歌声が聞こえてくると、432Hzくらいになっておりましたので、歌声は432Hzに近いことがわかります

倍賞千恵子さんがこの声なのは、歌手よりも女優がメインだからだと思っています

アナと雪の女王のレット・イット・ゴーを歌った松たか子さんの歌声も432Hzです

共通点は女優なのです

俳優や役者は感情豊かな声を出すことが重要です

ところが、一般的な演奏で用いられているピッチは緊張感のある声やヒステリックな感情を出すには向いているのですが、穏やかさや愛情深い声を出すことには向いていないのです

俳優や役者はその感情豊かな声を出すことがとても大切なので、432Hzの声を出すことが得意なのだと思っています

そのあたり、カラオケ採点システムでは満点が取れるのに、心に響かないとかにも通じるところがあります



◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


香害とヒットソングとの関係

香害

大変ですね


わたしも人工的な香りが苦手です


ひどいと電車に乗るのに、防毒マスクをつけないと乗れなくなってしまうそうです



それを音で治すことができないかと模索しておりましたら、


過去の出来事を思い出しました。


チャクラの周波数にぴったりなアロマと、合わない化学物質の入ったアロマ


プラスチックが入ったアロマ_1000x750

doTERRAのアロマでアースリズムというアロマがあるのですが、


9つのチャクラの周波数アプリで調べてみると


予想していた128Hz(A=432HzのCの音)で合わなくて、


もしかすると、440HzのほうのCの音、131Hzの方で合ったりして〜


と冗談でやってみたら、131Hzのほうがぴったりでびっくりしました


その直後、このアロマが化学物質で汚染(内栓のプラスチックが溶けていた)


されていたことに気が付き、ちょうどオリジナルの容器に入れてあった


アースリズムでやってみると、ばっちり128Hzで合ったのです


そこで、もしかしたら化学物質入りの香料は440Hzのほうがあったりしてー


と市販のシャンプーで実験して、ますますそう思ったのでした


その後、


440Hzってなんだろうと調べていたら、440Hzの音叉が


「化学物質チューナー440Hz」として売られていたのです


化学物質過敏症に効くと謳われています


香害に遭われていた人を動画(すでに消されています)で見ますと、


ヨガの講師だったり、健康的な体づくりと食事をされている様子


化学物質過敏症の方に多いような気がいたします


それが原因なのかもしれません


もしかしたら、香害を抑える手がかりに音がなれるかもと思ってやってみました


kougai.jpg

市販の柔軟剤を用意してみました




それから432Hz音楽として、こちらは、リラ・コスモスさんのライアーの曲です


この曲を聞きながら、柔軟剤の香りを吸ってみます



その後、こちらはSpotifyの日本のトップ再生ランキングです
2020年12月1日時点では1番がBTSのDynamiteです

基本的には日本のトップランキングの曲は440Hzベースなので、
どれを選んでもいいです

これらの曲を聞きながら柔軟剤を嗅いでみると

あら不思議

ライアーの曲を聞きながら嗅いだ柔軟剤の嫌な感じが薄れていて

音楽と調和している気がいたします

深刻な香害の人は、薬も化学物質ですので飲めないそうです

おそらく食べ物もジャンクフードが苦手なんだと思います

おそらく、ヒットソングの音楽も苦手だと思います

でも食べ物や薬と比べて体に優しく効くとおもいます

こんど、きっつい香料の人にでくわしたらこっそりやってみます

440Hz音楽は五感を鈍らせているのだと思います

432Hz音楽を聞きながらコンビニのシュークリームを食べると

甘すぎてびっくりしますが、

440Hz音楽を聞いていると不思議とちょうどよい甘みになります

香害を気にされている方は感覚がとても敏感なのです

街で生活するなら、時々鈍感になったほうが社会生活を送りやすい

さっきからMacでヒットソングを連続で聞いていますが、

ますます柔軟剤の香りが良くなってきた😁

まるで440Hz音楽というのは、化学物質過敏症へのワクチンではないかっ!

そしてここで、これらの曲を聞きながら、天然のアロマを嗅いでみると・・・

香りが薄くなった・・・

先程の432Hzライアーの曲を鳴らすと、再び天然のアロマの香りがよくなる
※フランキンセンスやローズ、イランイラン等

440Hz調律の音楽ばかりがヒットソングに並んでいる状況では、

化学合成されたアロマの柔軟剤が売れるわけです

簡単に実験できますので、ぜひやってみて、コメントお願いいたします。





◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


梅干しのチャクラを調べました。それと2:3の関係の食べ物

今日は動画ブログにしております

IMG_0655_320x420.png




梅湯を飲んでチャクラを調べてみたら、丹田のE♭の周波数でした

そして梅干しを作るときに使う紫蘇ですが、それはB♭の周波数、

パラダイス酵母や杉の木と同じように、発酵と関わりがあるからでしょう

なぜ、梅干しと紫蘇が相性が良かったかというと、周波数比が2:3の関係なのです

E♭の音を3倍した周波数がB♭になり、気持ちいい和音、ハーモニーの関係です

同じように、ハーモニーがいい関係は、

くるみパンやレーズンパン

くるみやレーズンは、Bの第7チャクラの周波数で、パンはEの第3チャクラの周波数です

周波数比は2:3のハーモニーの関係なのです




◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play


健康なときだと128Hzの音が出しやすい

健康なときには、128Hzの声が出しやすい


TE128Hz.png

わたしが最も気に入って使っている音が128Hzの音です

この周波数は第一チャクラでグランディングの周波数

そして、瞑想のときに耳鳴りで聞こえてきた音です


毎朝この声を瞑想前に出しているのですが、健康なときには、

この音が直ぐに出せて、とても安定してますが、

体調が悪いときには、頑張ってもなかなか出ません


頑張ってやっても不安定だし、130Hzや131Hzで安定してきます

131Hzはラの音を440Hz(標準音)にしたときのドの音です

128Hzはラの音を432Hzに設定したときにドの音になる関係です(ピタゴラス音律)

440Hzは音楽業界では現在標準的です



128Hzはこの音です


シュタイナーやオペラ作曲家のヴェルディは

標準音は432Hzでなければならないといい、

イタリアでは標準音を432Hzにしていた時期がありました


440Hzになったのはロックフェラーが強く推薦したからです

(440が標準になる前に一番多かったのは435です)

病気のときには、440Hzを標準音にしたときのドの音131Hzを出しやすい

つまり、病気のときには131Hzの音と共鳴しやすい



病気のときは周波数がずれていると言われてますが、

そのとおりです

現在は病人の発しやすい音を使って音楽が作られているのかもしれないのです

だったら、健康的な音になるにはどうすればいいか?


432Hzを使って音楽をやりましょうというのが、

わたしのしていることです



コロナの騒ぎでメディアの恐怖情報に煽られてしまうのも、

イジメも心が整って居ないから

『9つのチャクラの周波数』アプリを使うと、

432Hzとチャクラのある場所が一致することがわかります



TEチューナー

自分がいま出している声が、432Hzに合っているかどうかを

このアプリで測りました。


これを使うときには、初期設定A=440.0Hz平均律になっておりますので、

440Hz系の声を出したいときにはそのままでいいのですが、

チャクラに合った音を出したいときには、

A=432Hz ピタゴラス音律にしなければなりません


そのやり方は設定で、

  1. コンサートAレファレンスを432Hzにします

  2. 移調はC(+0)

  3. 律はピタゴラス純正律

  4. キーはGに設定

これをすれば、だいたい合います。

手間を掛ければもっと細かく調整することもできます。



こちらが、体調がいいときに声を出したときです



これは今朝、腰が少し痛いときに測ったものです


健康なときには、簡単に出せる声が何故か何時まで経っても出せません

スピリチュアル系の展示会で、声をPCで分析して、
その人の性格や体調を示してくれるものがありますね
声はものすごい情報量を持っているのです


不健康なときに、128Hzの声を出していたら眠くなった


いつまでも出せないので、
ヘッドホンで128Hzの音を聞きながら出していました

そうすると苦労しなくても出るようにはなるのですが、
128Hzピッタリの声が出るときだけ、まぶたが重たくなるのです

もしかして、ヒーリングコンサートで眠たくなるのは
疲れていたり、病気だったりして、128Hzなどの432Hz系統の音を聞くと
眠くなるというのがあるのかもしれないと思うのでした

自分が健康なときには、全然この音を聞いてもむしろ
元気になるのですが、疲れているとこの音は眠くなるらしい

ヒーリングのコンサートで、寝てしまった人を見ると
確かに、、、
具合悪そうな人に多いなと思えるのです

440Hz系の音楽は緊張感があるから緊張して眠くならないが、
432Hz系の音楽は緊張を緩めますから、
休む必要がある人の場合、
休めというスイッチが入るというのかもしれないですね




◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play