FC2ブログ

東経連ビジネスセンターニュースにエン・サウンドクッションのことが掲載されました

エン・サウンドクッションが掲載されました

2020_08東経連ビジネスセンタニュース_エン・サウンドクッション
画像をクリックして拡大することができます

アライアンス助成事業でお世話になった東経連ビジネスセンターの冊子上で
背中からの音で体を響かせるスピーカーのエン・サウンドクッションが紹介されました

ENC.jpg

このスピーカーは背もたれのついた椅子に立てかけておき、
そこに座ると、音が耳元でステレオで鳴り、
背中全面が音によって振動するようにできております

先日も、友人の和太鼓奏者、林田ひろゆきさん等のZI-PANGが参加した
ネット中継を利用したライブで体験しましたが、
轟く太鼓の振動がやってきますので、
直接ライブ会場に行ったような気持ちの盛り上がりです

さらに抱っこスピーカーを胸に抱いて、背中とお腹でおんぶにだっこして
振動を味わうとさらにものすごかったです

ネット配信でのライブというのが増えておりますが、
家庭内で和太鼓の音を楽しむとなると、高性能のスピーカーで
爆音を鳴らさないととても無理なのですが、
普通に隣の人との会話に支障がない程度の
ご家庭でTVを見ているくらいの音量でそれが可能です

試してみたい方は試聴用も用意しておりますので、
メールでお問い合わせください



◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました


エン・サウンドクッションはアクティブ・サウンド・コントロールにぴったり

最近はエンジン音をスピーカーから鳴らしているのだった

TOYOTA-tenji_800x600.jpg
先日、トヨタ自動車本社の展示会に参加しておりました

たくさんの自動車関係者にエン・サウンドクッションを体験していただき、ご好評をいただきました

特に未来の車を考える担当の方からは何度もご質問をいただきまして、嬉しい触感を得られました



展示会中に元ホンダだった人から教えてもらったのですが、ホンダのS660には連携できるアプリで「サウンド・オブ・Honda」というものがあったそうです
サウンド・オブ・Hondaは「iPhone」用のアプリ。アプリ内にはF1マシンのマクラーレンホンダ『MP4/5』、『NSX-R』、『シビックタイプR』のエンジン音がサンプリングされていて、それをS660のエンジン音とシンクロさせてスピーカーからエンジン音を響かせるというものだ。
現代のクルマは非常に厳しい規制で作られていて、実際のエンジン音を迫力のあるものにすることが難しい。そこで、こうしたギミックが流行りつつあるが、音を選べるというのは新しい試み。

それを聞いて、さっそくYoutubeを探してみたら、レクサスにもそのようなものが装備されていると知ってこれを見つけました


レクサスNX300hのアクティブ・サウンド・コントロールが働いているところ

これをエン・サウンドクッションで鳴らしてみると、背中から聞こえる音と振動が本物の車に乗ったようです

エン・サウンドクッションが無い場合だと、振動がないので音だけです

これではつまらないのでは無いでしょうか?

そのように来た方に提案しましたら大いにうなずいて頂けました


日産GT-Rのアクティブ・サウンド・コントロール

GT-Rにだってそれがあるのですね

GTRのエンジンサウンドを存分に堪能しようと思ったら、200kmオーバーでしょうからサーキットに行かなければ一般道や高速道路では味わえないことでしょう

それをスピーカーで再生するなんて・・・

これはもう!
エンサウンドクッション設置例

趣味性の高いタイプの自動車には、アクティブサウンドコントロールが装備されているのがどうやら当たり前の時代になってきたようです


路面の状態を背中の振動で知ることができる


高級車は路面の振動を吸収するので状態がわかりにくく、雪道を走るのが怖いとおっしゃっている方がいらっしゃいました。

そこで、エン・サウンドクッションにマイクを付けて、
マイクをザラザラしたところに当てると、
背中からザラザラした振動を味わえたのです。

これは使える!

そういった感じで、たとえば高級セダンに乗っているにもかかわらず、路面状態がきっちり直感的にわかるということもできると思いました。

スポーツモードにぴったり!

車体のフレームにピックアップマイクを付けてどうなるか試してみたいとおもいます。



◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました


いのちの響きコンサートで山根麻以さんに12年ぶりに出会う


inotinohibiki.jpg
昨日は東海村で行われたA-sha (山根麻以)さんとホッピー神山さんのメディテーション&DuoLiveコンサートに行ってきました


IMG_1884.jpg
山根麻以さんとは、12年ぶりくらいです
干支をひとまわりぶり!

この写真は2008年、宇和島でのお寺でのこと
絨毯スピーカー_山根麻以
強力な大型の絨毯スピーカーを使ってもらったことがありました

今では抱っこスピーカーを数多く設置するスタイルになって、大型スピーカーをライブで使用しなくなりました

昨日のイベントでは、1月18日・19日に開催されるTa-netのイベントのために用意した抱っこスピーカーが20本あったので、それも突如活用することになりました

IMG_9383_800x600.jpg

いつか、山根麻以さんに抱っこスピーカーをライブで使ってもらいたいと思っていたので、念願叶いました

抱っこスピーカーを使って今後なにかコラボレーションもできそうです


干支がひとまわりして、再びねずみ年

ねずみ年は繁栄と始まりを意味しています

またここからはじまるのかもしれないね


明日からは福岡にゆきます

障害者向け機器を紹介する展示会、「シーズニーズマッチング交流会」にゆくのですが、あわせて手作りスピーカー教室と聖なる音のはなし会も開催いたします

ぜひ触れに来てください

2020/1/13【福岡】スピーカー作りと聖なる音の話

2020/1/14〜15【福岡】シーズ・ニーズマッチング交流会に出展

2020/1/16【福岡】聖なる音の話と抱っこスピーカー体験






◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました


エン・サウンドクッション登場、東京モーターショーで出品しました

東京モーターショー2019に出展しました

IMG_0933.jpg
ずらり10台並んだエン・サウンドクッション

IMG_8578.jpg

場所はここ青海駅そばのメガウェブです。

東京モーターショーは2019年10月24日 ~11月4日に開催されました
今回は、隣の駅にある東京ビックサイトが来年のオリンピックのために使えない場所もありまして、会場が分散してかなり広いエリアになりました。

ここMEGA WEBもその一つでこの会場ではFUTURE EXPOと言う名前で、ここだけは無料で新時代を体験できる車以外も含めたいろいろなものが展示され、体験コーナーがたくさんありました。


こんな感じです


私のような小さな会社でも東京モーターショーで出展できるとは思っても見ませんでした。

2年に1回、10日間あるとてつもない大きな展示会です。

普通に出展しようとおもったら出展料だけでも車が替えるくらいを想像してしまいます。

ここになぜ出展することができたかと言うと、岩手県からの推薦をいただいたのでした。


エンサウンドは東経連ビジネスセンターからアライアンス助成事業というものを受けています。

抱っこスピーカーを元にして、抱くスピーカーではなく、背中から振動を伝える新しい形のスピーカー開発に挑みました。

この頃、電気自動車ばかりになってきて、静かになってしまい、実際に走らなくてもエンジン振動と音だけで興奮するという車がなくなってゆきました。

背中に置いておける振動スピーカーなら、エンジン振動を擬似的に作り出し、レシプロ車で感じるあの感動をふたたび呼び起こして、興奮できるはずです。

開発の元が、抱っこスピーカーですから、音にも振動にも大きな自信があります。

従来にも振動スピーカー(ボディソニック等)がありましたが、振動が正確でない、ゴツい、重いという欠点がありましたが、抱っこスピーカーで用いているソフトエンクロージャー方式ならば可能になります。

ただし、抱っこスピーカーはスピーカーユニットが背中に置くには大きすぎるので、薄型にしなくてはなりません。

実用的な振動と音を感じながら、どこまで薄くできるかというのが開発のテーマになりました。


エン・サウンドクッション誕生

そして誕生したのが、エン・サウンドクッションです

ENC55.jpg



IMG_0936.jpg

このスピーカーは音楽の振動が背中からやってきます

2個のスピーカーが上部についたスピーカーなので、ステレオでとても美しい音に包まれます

しかもこのスピーカーは振動部分だけを出力することもできます

少しは低音が聞こえるのですが、かなり静かです

そうやっておいて、ヘッドホンを使って、中高音を聞きます

ヘッドホンをすると、周りの雑音も消えて、音楽だけに集中できますから、
好みの聞き方はこのヘッドホン+エン・サウンドクッションになりました

これで東京モーターショーで10台並べて使っていても周囲に音で迷惑をかけることなくデモが実施できるようになりました

ただ、音も静かだし、何やっているかわからない上に、元々暗い大型プロジェクションテレビのあるステージ前でしたので、素通りされる方が多かったのが残念でした

IMG_8705.jpg
海外の名車のエンジンスタート音を楽しんでもらいました
欧米の方でしょうか、彼らの反応は本当にストレートです
GREAT!って

いただいたご感想から
・振動が気持ちいい
・静かな車ばかりで、つまらなくなってきたが、これで振動を楽しめるのが素晴らしい
・音もいい
・格好いい
・ただのクッションだと思った


IMG_0939.jpg
IMG_0940.jpg
ステージではグランツーリスモの世界大会も行われました
その音もこれで再生いたしました
ただ、大変な混雑のため、一度座ったお客様がずっと座りっぱなしになってしまったのでこのときは体験して頂けるお客様が少なくなってしまい、反省経験になりました

レース関係者にも座っていだき、大きな手応えも感じました

IMG_0937.jpg
最後の3日間はステージ前での設置が難しくなりましたので、グランツーリスモのレーシングシュミレーターに2台設置させていただきました

IMG_0938.jpg
多くの子供達の行列

東京モーターショーを見てきたクルマファンからは旧車のエンジン振動はやっぱりいいね~というコメントを何度かいただきました

電気自動車ばかりになってきて、感性を刺激する音や振動、生き物のように不規則なリズムもなくなってきています

環境や燃費が重要にされている今は仕方がありません、目指しているのは新幹線のように、車両が進んでいても進んでいることに気が付かないことでしょうか?

わたしの製作コンセプトである、電気自動車でもレシプロ車(燃料を爆発させてシリンダーを動かし回転力にする車)に乗っているかのような感動をというのは伝えられたようです


スマホのアプリの中にはエンジン音をシュミレートするものもあります

電気自動車のアクセルとそれを連動させて、気分だけでもレシプロ車に乗っているっていいと思います


予約割引実施中
こちらのスピーカーですが、アンプ込みで77000円(税込み)で販売することが決まりました
12月中でしたらお得な価格で購入できる受付を実施中です
※ステレオミニプラグ入力  ヘッドホンは別売りです

お届けは年内を予定しておりますが、1月になるかもしれません
こちらからお申し込みください









◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました


花火大会の映像を360°VRと抱っこスピーカーで楽しむこと

昨日は某所で抱っこスピーカーを体験していただきました。

そこは、高齢者のお客様が多い場所なので、耳の聞こえにくくなった方が多いのです。

さっそく体験していただきました。

はじめは、普通に抱っこスピーカーを抱いて音楽やお祭りの映像と音を楽しんでいただき、体感振動と音の良さで驚いていただけました。


VRにも興味があるということですので、昨年360度のカメラで録画した花火大会を体験していただきました。

花火を抱っこスピーカーとVRで見る

映像は見た方向に変わりますので、花火大会の会場にきた気がとてもします。

しかも、抱っこスピーカーのおかげで、イヤホンで聴くよりも、断然です。

これなら、会場に足を運べなくなった人でも自宅で会場に居る雰囲気を感じることができるのかもしれないとのこと。

VRというのは、装置の重さや、視力の弱い人や、目が疲れやすいなどという課題がありますので、すぐに導入できるかどうかは微妙なところ。

でも早くこの感動を世の中の人に伝えたいです(^^)


 この映像を使いました

VRゴーグルをお持ちの方はやってくださいね!

抱っこスピーカーを持っていたら、なおさらいいです。


2017年盛岡市花火大会(盛岡花火の祭典)をとても近くで見ることができました
使った360°カメラはTHETA SCです


スマートフォンがあれば簡単にこれを楽しむことができます
たとえば、わたしが使っているVRゴーグルはこれです


安くて軽くて、iPhone6Plusでも使えます

ぜひお試しあれ!

<おまけ>
大人のVRをやるときは、部屋に鍵かけるんだよ(笑)



◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました