FC2ブログ

瞑想中の音その9:地球の共振周波数(シューマン共振)


またすごい論文を発見
 

地球の共振周波数の実測は8Hzだそうです


Schumann_resonance_01.png

ウィキペディアの地球を一周する定在波より
 
 

だから、
 
 
 
1.その倍音の64Hzを抱っこスピーカーで鳴らして頭に乗せると、背骨(脊椎)全体が振動する感覚が得られるのか・・・・・
 
 
 
2.その倍音の128Hzが瞑想中に聞こえたのか・・・・
 
 
 
3.マントラの周波数は64Hzと128Hzなのか・・・
 
 
 
4.128Hzの音叉がグランディングする周波数といわれるのか・・・
 
 
 
5.128Hzの倍の256Hzや4倍の512Hzで調律される、最も古い音律のピタゴラス音律にも使われれいるのか・・・・・
 
 
 
6.432Hzを基音(A)とした純正律音楽は128Hzが(C)になり、8Hzの倍音成分で構成されているのか・・・・
 
 
 
7.それまで一般的だった432Hzの基音を、ナチスドイツが440Hzにしました。そこから生まれる音楽は不協和音を産み、脳にストレスをあたえ、不安感から購買意欲を高めたり、攻撃的にしたり、洗脳するのに都合の良い周波数なのか・・・・
 

 
8.人体そのものが8Hzの倍音で共振するようにできており、8Hzの倍音で出来た音楽を聞くと精神の乱れ、体の不調が直されてゆく・・・
 
 
 
9.マントラのように、それを聞くだけでなく、それを口から出すことによって、ますます体が共振し、その効果が倍増するので、マントラを唱えることが宗教的というより、科学的なのだとわかる・・・・




と、ますますつながってゆきました
 
 
 
 
<以下国際色彩診断治療研究会の掲載論文から引用します>
http://www.shikisai-chiryou.com/ronbun/shiryou_3.php

 
人体の固有周波数

 
<要約>
 実際に地球の共振周波数を測定したシューマンにちなみ地球の共振周波数をシューマン共振といわれております。私は、もっとも健康な生命の周波数としての7,5Hzを基準として、人体の周波数を計測して驚くべきことが判明しました。個々の人体からでている共振周波数は全て個人差があり、病気の種類によって波長は異なります。このことから周波数の異常が生命に関係していることといえます。

 
 人体から発する共振周波数と同周波数の物質、(重金属、漢方薬、薬剤、)ウイルス、細菌等の同調が示す驚くべき事実について。


 地球と電離層でLCの等価共振回路を形成すると見ることができる。LCの共振周波数の式に適当な値を代入して計算しますと約7,5Hzとなります。実際に地球の共振周波数を測定したシューマンにちなみ地球の共振周波数をシューマン共振といわれております。実測では8Hzとなり計算値と一致します。生物はこのシューマン共振のなかで生きており、人間はもっともリラックスしたときの脳波であるα波がシューマン共振の周波数と一致していることはすでに証明されています。・・・・・・・・・・・・・




下記リンク先も参考になりました

音楽は、人間が地球と共鳴するために存在している
http://ameblo.jp/si-rabei/entry-12069919747.html


関連記事

◆◆ イベント予定 ◆◆

(予定ができ次第公開いたします)


◆◆ 9つのチャクラの周波数アプリ ◆◆
チャクラに意識を向けたい・アロマとのチャクラ対応・
ボイストレーニング・ヒーリング・瞑想などに使えます。



Get it on Google Play
▲チャクラの周波数アプリがAndroidにも対応しました


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)